ソープランドの裏事情Top >  ソープランドで働く人たち  >  ソープ嬢

目次

ソープ嬢

ソープランドで働く人達


<<ソープ嬢>>

ソープランドで接客を行う女性をソープ嬢、あるいは泡姫(単に姫)と言います。
かつてはトルコ嬢と言われてました。
また求人募集広告では、コンパニオンと表記されます。

ソープ嬢も含めて風俗店で働くには20歳以上と限定されている地域がほとんどですが、
一部札幌のすすきのなどでは18歳以上となってます。
これは県条例、若しくは児童福祉法の規定によるものです。

新人のソープ嬢は、店長あるいはベテランソープ嬢などに講習を受け、スケベ椅子での洗い方から、マットサービスやフェラなどの技術を教わります。

ソープランドでの新人とは、必ずしもソープランドで働くのが初めてという意味ではありません。
他店でベテランであっても、店を替わった場合には新人扱いになります。

接客の仕方は地域によってもばらつきがありますし、店によって素人らしさが売りになる店と技術が売りになる店にわかれます。

ソープ嬢にとって指名数の多さ、リピーターの多さは実力を示すことになり店での待遇もよくなります。

ソープ嬢が働く理由は、やはり高収入を得る為です。
ソープ嬢の中には、借金を抱えて生活が苦しいソープ嬢や、事業資金を短期間に貯めたいと考えている嬢などもいます。

昔は、ソープランドで働くのには重大な決意が必要でした。
その代わり一度、仕事に就いてからは強いプロ意識を持つソープ嬢もいました。

しかし、近年ではアルバイト感覚で働く女性も増えています。

精神的にも肉体的にも負担の掛かる仕事なので、短期間でやめる女性も多くいますが、一度仕事に慣れると、収入の低い他の仕事が馬鹿らしく感じられ、辞めても再びソープランドに戻る女性も多くいます。

また、高収入が得ても仕事のストレスからホストクラブなどで浪費してしまう嬢も多いと言われています。

勤務形態は、二日連続で出勤して一日休むという二勤一休や、四日出勤して二日休む四勤二休が店によって決められていました。

現在はソープ嬢の私的な都合に合わせ、自由出勤的な勤務体制も取られています。
尚、休みは公休日と言います。

ソープ嬢は、あくまで個人事業主扱いであり、店内でのサービスに使用するタオル類、ローション、コンドーム、ドリンク類、タバコなどは本人負担となってます。

しかし、個人事業主扱いとは言っても指名数のノルマ・遅刻・無断欠勤等に対しては厳しく管理されています。

※このサイト・リンク先のサイトは大人向け(アダルト)の内容が含まれています。 18歳以下の方はご退出願います。

ソープランドの裏事情Top >  ソープランドで働く人たち  >  ソープ嬢