ソープランドの裏事情Top >  ソープランドってどんな所?  >  ソープランド街

ソープランド街って何処にあるの?

<<ソープランド街って何処にあるの?>>


ソープランドが集中している地域、いわゆるソープ街があります。
この中には、かつて公認の売春地域、いわゆる赤線地域に由来するものもありますが、かつての赤線経営者がそのまま営業を続ける事は少ないようです。

集中する理由としては、周囲に風俗営業が多いと業者も進出しやすいようです。
また、ソープランドの新規開業が一定の指定区域(旧赤線地域が指定された)内に限定されていたことによります。

1966年、東京都千代田区永田町の首相官邸裏の隣接地に「トルコ風呂」新設の申請が出された為、当時の佐藤栄作首相が激怒し、風俗営業等取締法が改正され、禁止地域が設けられたという説もあります。

主なソープ街としては札幌のすすきの、東京の吉原、土浦の桜町、いわきの小名浜、千葉の栄町、川崎の堀之内・南町、横浜の福富町、新潟の昭和新道、岐阜の金津園、大津の雄琴温泉、神戸の福原町、広島の薬研堀、高松の城東町2丁目、福岡中洲の南新地、北九州小倉の船場町、大分の別府、熊本の下通中央街、沖縄の辻などがソープ街として知られています。
吉原、堀之内、金津園、福原などは以前は赤線地域でありました。

現在は各地域の条例等により国内では福岡県の一部を除いて新規出店は出来ません。
このため脱法的に事実上廃業した業者の名義の売買が行われています。

原則的に新規出店等による建替えは認められません、改修は可能ですが許可が必要です。

※このサイト・リンク先のサイトは大人向け(アダルト)の内容が含まれています。 18歳以下の方はご退出願います。

ソープランドの裏事情Top >  ソープランドってどんな所?  >  ソープランド街