ソープランドの裏事情Top >  ソープランドってどんな所?  >  ソープランドの今

ソープランドの今

<<ソープランドの今>>


ソープランドは法解釈により、店が客から受け取っているのは入場料のみであり、個室入室後に女性に別途手渡すサービス料は個室内で男女間に恋愛感情が生まれ、当事者同士の合意のもとに渡されるものであるとなっています。

合法的な性風俗営業店(ファッションヘルス・ピンクサロン等)においては、一般に性交(本番行為)が規制され、性交の類似行為(フェラチオや手コキ、素股などによって射精に導く行為)までしか行われません。
それに対し、ほとんどのソープランドでは性交(本番行為)を行われています。

また売春防止法では単純売春に対する罰則はなく、客とソープ嬢を摘発することはできません。
経営者側がサービスを行う女性に対し性交を義務付け、そのための場所を提供したり、その勤務を管理したりすることは管理売春にあたり売春防止法に違反します。

売春を完全に防止することは難しく、ソープランドを徹底して取り締まった場合、他の性風俗店の違法営業や路上での売春斡旋の増加、暴力団の介入、ボッタクリ詐欺によるトラブルが懸念されます。

また性病については、実態の把握がさらに難しくなることが考えられます。

その他、性的のはけ口が無くなった者の性犯罪の増加も懸念されるところであり、徹底した取締りが行われない理由は、法的限界だけでなく捜査当局がこのような理由から黙認しているためとも言われています。

このように法律に抵触する可能性が濃いソープランドですが、多額の利益を上げるソープランド密集地では税収も多く、これらの地域を抱える町を税収で潤わせているといった側面もあると言われています。

現在ではソープランドの新規出店が一部地域を除き規制されているため店舗数は減少に向かう方向にあります。

店舗の改修にも許可が必要です。

一部地域を除き未成年の雇用に関しては警察の指導による店の自主規制があり雇用されません。
所轄警察署が就労する女性の身分証明や従業員名簿を提出することを指導しており、保健所の立ち入り検査による性病の防止の指導なども行われています。

新規出店が規制されているソープランドは、息の長い高収益営業を目指しており、特に保健所の指導による性感染症の検査も積極的に行っています。

また近年は収益の向上のためソープ経験者の女性を経営に参画させる店舗も見受けられます。

※このサイト・リンク先のサイトは大人向け(アダルト)の内容が含まれています。 18歳以下の方はご退出願います。

ソープランドの裏事情Top >  ソープランドってどんな所?  >  ソープランドの今